祝福の和をつなぐSUSHI

ランチタイムが遅いスペインでは昼の営業は13時過ぎからという店も多いのですが、名海さんは朝から店を開け、ここで作業をしています。というのは、レストラン以外にもオーダーが絶えないからです。

スペインに根付いていく和の道

心理学修士。生け花未生流/茶道裏千家の師範であり、スペイン生け花協会の創始者の1人。1991年からスペイン各地において生け花の展覧会、茶道や琴のデモンストレーション、伝統文化に関わる講習会などを行っている。住まいがあるマドリードでは『盆栽気道』で生け花・書道・茶道・着付などの教室を主宰。長年に渡り日本の伝統文化の普及に貢献してきたことが称えられ、2016年外務大臣表彰を受賞した。 日本では近年、ビジネスリーダーたちを対象とした生け花展が話題を呼び、有名企業の社長たちが生け花を習いはじめているとか。直感力、判断力、創造性、俯瞰の眼など、ビジネスに必要な資質が育まれ、物事を立体的に捉えられるようになることから注目されているのだといいます。時代や環境が変わっても、人の精神と文化の核に、生け花は存在しているんですね。 スペインでもまた、生け花への関心は広まっています。 「スペインには日本文化に詳しい人が多いんですよ。すでに見る目が養われています。日本のことはあまりわかっていないだろう、という安易な気持ちで何かを提供すると、失敗すると思いますよ」と語るのは、生け花・茶道・書道・着付・琴などをスペインで伝えいる貴志栄子さん。約30年、日本の伝統文化の普及に尽力し続け、多くの反響とファンを集めてきた方のひとことには、深みと温かみがありました。 マドリードを拠点に生け花をはじめとする文化教室を開いている貴志さんに、まずは講師という立場から見たスペインの人たちについて伺ってみました。 「指導を受けることに対する姿勢というのは、日本人とは少し違いますね。先生とも友達感覚で接しますから。素直に従わずに〝いや、私はこっちのほうが好きだから〟と言ったりしてね。個性も自尊心も強いですし。それに、日本の生徒さんは先生が手直ししてくれるのを静かに待っていますが、こちらでは待たずに〝先生、見てみて!〟って。よくしゃべりますね(笑)。でも、明るくて、楽しいんですよ。 気軽に話しかけてくれるのは嬉しいことです。〝おしゃべりをするな〟と指導する先生もいるでしょうけれど、私は、それでもいいと思っています。自分を出していくことは上達にも繋がりますから」。 日本とは異なるアイデンティティを持つ生徒さんに向けて、貴志さんは指導の仕方も少し変えているそうです。 「気まぐれで習いはじめる人もいますし、すぐに習得できて自分が先生にもなれると思って来る人もいます。精神性を深めるためではなく、経済的に成功することを目的にしている人もいます。そんな人たちに私は、なぜお花を活けるのか? どうしてそうするのか? ということを教えていきます。最初はわからなくても、時間をかければ徐々にそれがスペインの人たちもわかってくるようになるんですよ。単にキレイなお花を活けるだけではないのだという、哲学的なことも。それがわからなくて途中で辞めていく人もいます。わからなくても楽しいから続けている人もいます。それぞれで向き合い方が違うので、私は生徒さんの特徴を見て、それぞれに合った指導をしています。地域によっても違うんですよ。ビルバオは日本文化に対する意識が高くて精神面の理解が早いですね。北と南でも場所によって人の反応は全然違います」 個性に合わせたコミュニケーションをとっていくという貴志さん。日本の伝統を守りながら、いかに柔軟でいられるかというのも、異文化の共存には大切なことのようです。 生け花未生流師範/茶道裏千家の師範というプロフィールからは、厳格な女性をイメージする方も中にはいるかもしれません。しかし、実際の貴志さんはとても柔らかでオープンな方です。初対面でもすぐに緊張を溶かしてくれるような愛情深い接し方と優しさが、印象的でした。お話し上手なところは、スペイン生活が長いゆえでしょうか、または大阪出身ということもあるのでしょうか。 貴志さんの柔軟な一面が垣間見れる、こんなエピソードも…。 「マンガ関係のイベントで日本文化を紹介してくれないかと言われて、初めて生け花の展示会をしたんです。最初はこわごわ、どんな雰囲気なんだろうと思っていたんですけど、みんな平和主義というか、いい子たちなんですよ。子供の趣味を親も応援していて。その会場で、若い人たちが黒い服を着ていたんですよね。ゴシックファッションっていうの? それで、私たちおばちゃんたちは〝こういう時は黒い服を着ていかなちゃいけないのかしら〟と考えて、次の日はみんなで黒い服を着ていきましてね(笑)。若い子たちとも仲良くなりましたよ」    

広島からスペインへ渡る折り鶴再生紙

原爆の子の像 以前まで折り鶴はそのまま倉庫に保管され、一部状態が悪くなったものはやむを得ず処分されていたそうです。それらを活用しようという取り組みが2000年以降活発化し、やがて民間企業の尽力が加わり、折り鶴を再生紙へと蘇らせるプロジェクトが本格始動していきました。2011年にはついに折り鶴の昇華=美しい再生紙へと蘇らせることに成功。現在はさまざまに形を変え、折り鶴再生紙が多方面で活用されています。 折り鶴再生紙からできた折り紙。平和への願いが散りばめられたこの折り紙でまた折り鶴が折れるという、長く伝え残していきたいリサイクル作。 *平和おりひめ公式サイトで再生紙について詳しく見ることができます。   (画像:木野川紙業株式会社公式サイトより) おりづるタワー広島県広島市中区大手町1丁目2-1TEL 082-569-6803 おりづるタワー広島県広島市中区大手町1丁目2-1TEL 082-569-6803 実は折り紙とのゆかりの深いスペインでは、サラゴサにある折り紙博物館内で、この「平和おりひめ」を使った折り紙アートが展示されています。(スペインと日本の「折り紙繋がり」については、こちらをご覧ください→) その他にも、賀茂泉 純米酒のラベルや「髙津堂」のもみじまんじゅうの箱など、活用の場は実にさまざま。 一般にも和紙、名刺用台紙、一筆箋などを製造元である木野川紙業株式会社のWEBサイトから注文することが可能です。   折り鶴が広島へと集まり、その思いが再生紙としてさまざまに形を変えて広島から世界へ…。 平和への願いがこもったこの繋がりが、さらに広がっていくといいですね。

人生を楽しく幸せに!

小野聡子さんが日本で販売しているスペインブランド「アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ」 小野聡子さんが日本で販売しているスペインブランド「アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ」 2013年「Agatha ruiz de la prada(アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ)Japan」の公式ネットショップを日本でスタート。百貨店への期間限定ショップの出店、キッズファッションショーの開催など、日本各地で展開を広げている。エネルギーにあふれた2児を育てる母でもあり、夜勤をこなす看護師としても勤務。そんなハードな中でも周囲を元気にしてくれるユーモアを絶やさない太陽のような温かさのある女性。ご主人はグラナダ出身。 小野さんがスペインから日本へと届けているのは、人生に幸せを呼び込んでくれるファッションアイテム。「世界に愛、ユーモア、そしてオプティミズム(楽観主義)を」というコンセプトを持つスペインブランド『Agatha ruiz de la prada(アガタ・ラ・ルイス・デ・ラ・プラダ』を2013年より日本国内で販売しています。子供服や雑貨、ネクタイなど、遊び心があふれるカラフルなアイテムの数々。スペインでは多くの場所で目にする”アガタデザイン”が、日本各地でも広がりを見せ、ハピネスエネルギーを拡散中です。 マドリード生まれのデザイナー、Agata Ruiz de la Prada/アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ(上の写真でカップを手にしている女性)は、1980年代、マドリードが芸術とファッションに沸いたサブカルチャーのムーブメント「La Movida Madrileña(モビーダ・マドリレーニャ)」を象徴する一人として活躍していました。’90年代に入ると独自のライセンス方式で販売経路を拡大。スペイン最大の百貨店エル・コルテ・イングレスと業務提携を締結したことでさらに大きな飛躍を遂げ、その後も、マドリードのアートシーンをリードし続けています。業界を超えたあらゆるフィールドにも活躍の場を広げ、化粧品や家具、車やヨットの帆まで、有名企業とのコラボレートで多くの革新的なデザインを生みだしています。 アガタ・ルイス・デ・プラダが衣装デザインを担当したオペラ「El gato con botas」(Madrid 2017) 小野さん自身が持つ印象は、そのままアガタ・ルイス・デ・ラ・プラダの魅力に繋がるものがあります。 スペイン繋がりとして、ぜひ日本の皆さんに知ってほしいブランドです。 アガタの華やかなベビー&キッズファッションは、子供達のピュアな愛らしさを引き立ててくれます。他にも個性的なデザインウォッチ、使っていて楽しくなるステーショナリーetc…、ハッピーアイテムがオンラインで購入できます。詳しくは[アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ]公式通販サイトへ→http://arpjapan.com/

スペイン的スローファッションの提案

1994年より続くインポートショップ『南青山Due e Due(ドゥエ ドゥエ)』で買い付けと接客を担当。また、スペインファッション専門のオンラインショップ「Ebro」の店長でもある。毎年自らスペインへ足を運び、デザイン性が高く、素材にもこだわった良質の服を1点ずつセレクト。月に1度限定ショップ「Due e Due ムーブ」も展開している。さらに、バルセロナ情報をまとめたフリーペーパー「bcn」を制作・発行。ライフスタイルを多角的にコーディネイトできるスペインブランド&人生をより楽しめるスペインカルチャーの伝達に努めている。 礼さんが紹介するSkunkfunkサイトhttp://w-r-dueedue.co.jp/skunkfunk/ 礼さんが紹介するSkunkfunkサイトhttp://w-r-dueedue.co.jp/skunkfunk/ 新作の買い付けをする際、礼さんはお客さんたちをそれぞれ思い浮かべながら1点ずつ選んでいくといいます。日本で販売をする時には、細かなディテールに至るまで説明を加えながら、その服が持つ物語やデザインのポイント、コーディネイトのアドバイスなどを伝えてくれます。丁寧に各々の個性に向き合う。ある意味職人的なこだわりと繊細さ。それこそ礼さんセレクトの魅力です。プロとしての視点が常にあるのはもちろん。そのうえに、同じ目線で一緒になって服選びを楽しんでくれる”共有感”にもあふれている礼さん。話を弾ませていると、ファッションの周りにある悩みやヒミツ、ちょっと挑戦してみたい冒険心など、自分の中にあるものを発見していけることも。あなたもスペイン好きならなおさら、礼さんとの会話は止まらなくなるはずです。 ファッション、グルメ、アートなど、バルセロナの今を発信するフリーペーパー「bcn」。詳しくは公式サイトへ→http://w-r-dueedue.co.jp/bcn/ スペインブランドのアイテムが揃うポップアップストア「Due e Due ムーブ」の開催日程など、最新インフォメーションはこちらから→http://w-r-dueedue.co.jp